不動産の価額は頭打ち! 実需の購入チャンス?

5月15日、公益財団法人東日本不動産流通機構は令和2年4月の速報を発表しました。
首都圏不動産の成約件数及び成約の価格は揃って下落しました!
特に成約件数を見ると、中古戸建、中古マンションの減少数は、1990年5月、東日本不動産流通機構発足以来、減少幅は最大となりました。 

                    東京都中古マンションのデータ

                    東京都中古戸建のデータ



第二次安倍内閣発足以来、上昇し続いていた不動産の価額は頭打ちになるかもしれません。
でも、お住まいを購入しょうの皆様に対して、朗報かもしれません!
値交渉可能の物件は少しずつ出回っています。
是非、弊社にお手伝いさせてくださいませ!

前へ 「コロナに負けず!熱中症にも負けず!」

記事一覧

「KEIAIのリースバック始動!!!」 次へ